奥様から旦那さんへサプライズの記念日をお祝いしたい時に、抑えておきたいポイントを紹介したいと思います。

旦那さんを感動でホロリと泣かせる事もできるかもしれませんよ。

男は意外とロマンチスト

男は表には出しませんが、意外とロマンチックな生き物ですw

年を追うごとに涙もろくなるし、感動に実は弱いんです。思い切って旦那さんを泣かせてやろう!というコンセプトで攻めてみるなら、思いを形にしたプレゼントがオススメです。

泣かせる感動の贈り物の一覧

似顔絵や写真、そしてメッセージを入れたプレゼントを見ただけでウルウルしてしまうかもしれませんよ。

恥ずかしがり屋で外面を気にする一面も

その反面、恥ずかしがり屋で外面を気にする一面もあるので、レストランなどで、プレゼントを受け取ると、周りの人の視線を気にしてしまったりする事もあるので、感動で泣かせてやりたい!と思うのであれば、お家でお祝いするのがいいかもしれません。

愛しているはピンとこない?男心をくすぐる言葉とは?

手紙を添える時、旦那さんがグッとくる言葉を入れたいですよね。

奥さんなら「愛している」という言葉を求めてしまいますが、男性は手紙に「愛している」と書かれてもあまりピンときません。

男心をくすぐる言葉とは「感謝」の思いです。「ありがとう」という感謝の言葉が一番うれしいんですよね。

ただ「ありがとう」では何に対してなのかわからないので、できるだけ具体的に書いて上げると旦那さんは喜ぶと思います。

「いつも仕事を頑張ってくれてありがとう」
「私と子供達を見守ってくれてありがとう」

そして頼りにしている事も伝えると尚一層喜びます。

「あなたのおかげで毎日幸せに暮らせています」
「いつも立派なあなたを誇りに思います」
「家族が笑顔でいられるのは、あなたのおかげです」

さらに最後に気づかう言葉を添えれば完璧です。

「いつも頑張ってくれているのはうれしいけど、身体だけは気をつけてね」
「もしつらい事があったらいつでも相談してね。私はいつでも味方だから」

これで旦那さんがグッとくる、泣ける手紙の完成です。

スポンサーリンク
2015年4月10日

管理人プロフィール

管理人:サムリ
埼玉県在住。二児の父のフリーランスです。2012年に結婚10周年を迎え、奥さんにサプライズのプレゼントした所、とても感激してくれました。子供たちも喜んでくれて、家族の絆が深まったと思います。10周年を最高の記念日にするために、実際に私が注文したプレゼントをはじめ、感動必至のギフトを紹介していきます。