せっかくの記念日に、渡したプレゼントでガッカリされては元も子もありません。慎重に考えていきましょう。

ひとりよがりに注意

よーし!感動させるぞ!と盛り上がるのは良いのですが、ひとりよがりになりすぎないように気をつけましょう。

自分の価値観だけで突っ走ると、危険です。熱い気持ちは大切ですが、少しだけ冷静になって相手の事を考えてみましょう。

普段からの会話が大切

相手が本当に喜ぶもの、欲しいものは一体何なのか?

ヒントは日常の生活や、何気ない会話の中に隠されています。

テレビを見て、独り言のように「これいいなあ」とつぶやいていないでしょうか。

「あそこに行ってみたいなあ」「これ食べたいなあ」「これ欲しいなあ」

ふとした瞬間に相手が喜ぶヒントが見えてくる事があります。

その為には、相手とよく会話をしましょう。そしてよく観察しましょう。プレゼントを考えるということは、相手の事を親身になって考えるという事です。

実用性から考える

実用性から考えるのも手です。相手が普段の生活や仕事で困っている事、不便に感じている事はないでしょうか?それを手助けできるものなら喜んでもらえるかもしれません。

仕事に家事に育児。日々の生活が忙しくて、最近なかなか時間を作れていない趣味はないでしょうか。

相手の仕事や趣味について情報収集していくとヒントが見えてくるかもしれません。

思いを形にするという発想

それでもいいプレゼントが思いつかないという方には、あなたの思いを形にしてプレゼントにする方法がおすすめです。

当サイトで紹介している「【名前の詩で作る額】筆文字の詩と似顔絵 ウェルカムボード」などがおすすめです。

「感謝」と「10周年」という言葉を詩に盛り込んで欲しいというリクエストにも対応していますし、修正依頼も可能です。

家族全員の笑顔で幸せに満ちた似顔絵と詩は、あなたの思いをしっかりと伝えてくれるはずです。

まとめ

  • ひとりよがりで突っ走るのは危険です
  • 冷静に相手の行動や言動を観察しましょう
  • 普段の何気ない会話にもヒントは隠れています
  • 自分の思いそのものを形にするプレゼントもおすすめです
スポンサーリンク
2013年3月5日

管理人プロフィール

管理人:サムリ
埼玉県在住。二児の父のフリーランスです。2012年に結婚10周年を迎え、奥さんにサプライズのプレゼントした所、とても感激してくれました。子供たちも喜んでくれて、家族の絆が深まったと思います。10周年を最高の記念日にするために、実際に私が注文したプレゼントをはじめ、感動必至のギフトを紹介していきます。