感動の記念日を成功させるポイントに「サプライズ(不意打ち)」があります。その為には当日まで相手に秘密にしておかなければいけません。

バレれば半減、秘密にできれば感動倍増

プレゼントやレストラン、花束などお祝いの仕掛けが事前にバレてしまえば、感動は半減してしまいます。逆に当日ギリギリまで秘密にする事ができれば、驚きが加わり、きっと感動が増すことでしょう。

計画を成功させる為に、相手に秘密にしておく努力を忘れずに。

探りの入れ方に最も注意

プレゼント選びで失敗しない方法

相手が本当に喜ぶもの、欲しいものは一体何なのか?
ヒントは日常の生活や、何気ない会話の中に隠されています。

プレゼント選びで、相手に探りを入れる時が一番危険です。特に女性は感が鋭いので、直球で聞いたりしたらすぐにバレてしまいます。

十分に注意が必要です。

自分一人ではどうしてもプレゼントを決められない、探りを入れたい場合は、本人ではなく、周りの友人や両親などに相談してみるのも一つの手ですが、相談された人から本人にバレる可能性がありますので、できる限り少数精鋭で攻めるのが良いでしょう。

注文や予約のやりとりも知られないように

プレゼントの注文、レストランの予約などのやりとりも相手に悟られないようにしないといけません。決して自宅の電話番号を注文先、予約先に知らせないようにしましょう。

注文先、予約先には事前に結婚記念日のお祝いである事、当日まで相手に知られたくない事をしっかり伝えておくのも手です。必ず配慮してくれるはずです。

電話やメールなどのやりとりは、やはり携帯が良いでしょう。

まとめ

  • 途中でバレれば半減、秘密にできれば感動倍増です
  • 本人に探りを入れる時は一番注意が必要です
  • 注文先、予約先にも事情を説明して協力してもらいましょう
スポンサーリンク
2013年3月7日

管理人プロフィール

管理人:サムリ
埼玉県在住。二児の父のフリーランスです。2012年に結婚10周年を迎え、奥さんにサプライズのプレゼントした所、とても感激してくれました。子供たちも喜んでくれて、家族の絆が深まったと思います。10周年を最高の記念日にするために、実際に私が注文したプレゼントをはじめ、感動必至のギフトを紹介していきます。